fc2ブログ
プロフィール

banban

Author:banban
『BanBanHouse』管理人のbanbanです
このブログは、まあHPに載せる前の速報記事やら日記やらを載せますです!

最新トラックバック
今日、近くのホームセンターに行って、竹を買ってきました。長さは2.4m、太さはφ5cmで、いわゆるバンブーロッド用のトンキンケーンと同じようなサイズです。長さはちょい短いですが…

Blog114.jpg

これ、バンブーストラップや、バンブーペンなんかのロッド以外のバンブークラフトシリーズに使えないかと思ってね。なんせ、安いのだ~!!!!!

Blog115.jpg

1本なんと、破格の260円!!ビックリ!同じようなトンキンケーンなら、8000円~しますよ。状態も非常によく、割れや傷などもあまりありません。 
きっと真竹か淡竹なんかの日本の竹かな~って思って買ってきたのですが、ふと見ると…そう、『Made in China』の文字が…おートンキンケーンと同じじゃないか(^o^)

Blog116.jpg

さっそく、6本に均等割りして、乾燥させることに

Blog117.jpg

綺麗に割れました。

で、ここからが問題! 節の枝処理もしっかり出来ていて、いわゆる節の部分に枝による凹みなど一切見られません。なんでこんな安い竹に手間隙掛けてんだろ~? 更によくよく見てみると、節の間隔も40cm以上あり、本物のトンキンケーンなみだ? よし!ポンキンケーンと名をつけよう(^o^)
ではでは、ファイバーを観察してみよう!そう、トンキンはファイバーが表皮近傍に集まっているので、真竹などの他の竹に比べてロッドにしたときの弾性強度に優れているのだ…おおおお~!!!

Blog119.jpg

なんと言うことでしょう! LEONさんから購入している、1本10000円の本物のトンキンケーンと、このポンキンケーン? まったく同じじゃないですか!ファイバーの径といい、表皮近傍の密度といい、いったいこの竹の正体は????

LUIS MARDEN著書の「ANGLER’S BAMBOO」にいろいろ中国の竹のことが書いているそうですので、どなたか勉強して教えてください!う~ん、興味あるな~

とにかく、1年間しっかり乾燥させてから来シーズンにこれでロッドを作ってみよう!意外に同じアクションに仕上がったらどうしましょ(^o^) ロッド1本の竹代が65円になるぞ~!

ということで、さっそく数本買い足しに今日出かけます(^o^) ホホホ~
スポンサーサイト



2008/12/23(火) 08:57 | コメント:7 |
コメント

okiraku :

ほほぅ、それは大発見ですな。
それでトンキンと変わらないんだったら凄いっすね。
トンキンケーンじゃなくトンチンカーンだったり(笑)

takax2 :

断面図が『チャーシュー』に見えるのは自分だけ?(^^ゞ

banban :

okirakuさん!
でしょう~すごいでしょう(^o^)
多分、近い種類の竹であることは間違いないようですね~
今度、まったく同じ形状&長さにして重りでの反り方を比較してみます。
反りが同じなら、同じ弾性力ってことなので、恐らくこれでロッド作ってもアクション変らないと思いますね~気持ちは少し安っぽく感じますがね(^o^)

takax2さん!
そうそう、僕もそう思いました。
娘は焼肉上ロースだ!ってよろこんどりましたが(^o^)

えふ :

トンキンもポンキンも同じに見えまする~
値段の差は・・
竹を選別した手数料か??

banban :

えふさん!
どうも~。確かにトンキンケーンって、偽物というか、出所が?というか、いろいろあるみたいですよ~。
それ以前に、何をもってトンキンケーンと定義するのか…竹種としてはチャカンチクという種類+育った地域+育った環境などで決まるそうですが…これがトンキンです!って言われたら、普通の人は信じるしかないでしょうね…僕が今回買った超安価な中国竹でも…僕なら騙されます~絶対に(^o^)

goo :

ポンキンケーンって繊維密度すごいっすね!!
真竹の繊維1本1本と比べるとかなり太いよ~な感じです
あっ、トンキンケーンもですが…(^^;

banban :

gooさん!
そう、トンキンは真竹と比べると、かなりファイバーの密度が多いです。弾性率で言うと30%くらい強いらしいですよ。
このポンキンは、なぜだかトンキンと同じなんですね~不思議です。
なんなら、これに変えましょうか…gooロッド(^o^)うそ~
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
QRコード
QRコード