FC2ブログ
プロフィール

banban

Author:banban
『BanBanHouse』管理人のbanbanです
このブログは、まあHPに載せる前の速報記事やら日記やらを載せますです!

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
さてさて、一つ前のBlogで京都の日吉屋さん(HP)に行ってきた話を書きました。そう日本の伝統工芸品であり、そしてアートとしても非常に価値のある…でも元々は一般消費財であった「和傘」を見て、触って、そしてその製造工程や素材や構造などをいろいろ教えてもらってきたのです。もちろん、いつか自分で作り上げたとの思いで…!

で、HPのなかに『和傘の世界』というコンテンツをこれから立ち上げて行く予定です!

Blog135.jpg

まあ、細かい話はそちらのHPでこれから少しずつ作り上げていくことにして…まずは、そう!とりあえず買っちゃいました~蛇の目傘を! 構造は同じなので少しリーズナブルな「番傘」にしようとも思ったのですが…やはり「蛇の目傘」が欲しくて… 『蛇の目中入り』という和傘をね!

Blog145.jpg

でも、高いのだ~メチャクチャ!お店の人といろいろお話したおかげかな?…アウトレット品なるものを教えて頂き、大変お安く手に入れることが出来ました(^o^) …少しえの所に傷があったり、傘骨に少々曲がりが見られるものですが、実使用にはなんの問題もないそうです。もちろん構造の勉強にはまったく問題なし!
これが箱にはいったところ~ 開けるのが楽しみだな~(笑)

Blog146.jpg

紫のシルク生地の袋に入っています。柄の持ち手の部分は籐巻きです。
そして、傘の骨(44本)はこの形で一本の竹を44等分に割って、そのままの並びで使うそうです。これって、バンブーロッドを同じなんですね(^o^)

Blog147.jpg

とりあえず、広げてみました。大きさは1.9尺という規格で直径約1.1mのものです。尺換算もいい感じですな~でも1.9尺は…厳しい~(^o^)
白くなっているところが「中入り」という名前の由来。紺のところと白のところは色を塗り分けているのではなく、別の和紙を貼っているのです。美しいですね~

Blog148.jpg

内側から見てみると…う~ん複雑極まりない構造…それが何ともいえない美しい構造に見えますね。

Blog149.jpg

もう少し細かく見ていくと…柄の先の部分に金属製の「石突き」を釘打ちしている以外は、まったく釘を使ってません。全て木綿糸で組み上げています。素材も、柄と竹の骨を受けているロクロ以外は全て竹で出来ています。
和紙の部分は、数枚に分けて骨に貼られ、亜麻仁油などでしっかりと撥水加工されます。そして骨の上はカシューでしっかりと固められます。傘をたたんだ時に見えているこげ茶色の部分がカシューです。
先端の「天ロクロ」の上には「かっぱ」と呼ばれる四角の生地が取り付けられていますね。今は化繊の素材ですが、本来はこれも和紙だったそうです。一番痛みやすく、和傘の唯一の「消耗部材」だそうです。

Blog150.jpg

一番、複雑な内側の部分の拡大です。左下が「手元ロクロ」で、この木に44箇所の溝が削ってあり小骨が木綿糸で取り付けられています。「小骨」には飾り糸が付けられています。なんだかロッドと似てますね(^o^) 右下は小骨が本体の骨に取り付けられている部分です。ここは竹の先を割いて木綿糸で取り付けられています…きわどいな~。左上が「天ロクロ」で、本体の骨を先端で束ねている部分です。
いやはや~細かい構造ですね~…作れんのかな~僕に??

とりあえず、材料の竹をそろえたりするために、大雑把な採寸からスタートしてます…

Blog151.jpg
Blog152.jpg
スポンサーサイト
2009/01/12(月) 12:08 | コメント:9 |
コメント

goo :

これまた複雑ですね~!!
そんでもって見た目も美しすぎる~☆
いままで間近で見たことなかったからこんなに骨があるのもしらなかった(^^;
でもbanbanさんなら作っちゃいそうですね!
今シーズンはバンブーの代わりに和傘振ってる姿が見られるのかな…(笑)

banban :

gooさん!どうも~
ホント複雑で…それが美しさになっています!
これ44本の骨なんですけど、地方によって少しずつ違うらしいです…多いところは70本近い骨のもあるそうです~洋傘は6-8本ですからね…
まあ、ボチボチクラフト計画を立て始めます(めげそう~) まっ、まずはgooロッド完成させねばね~MIDとBUTTの本削り完了しましたよ。来週にTIPを削る予定で~す。順調順調!

okiraku :

ほら~、やっぱり企んでた(笑)
竹竿だけじゃなく傘までも作るんですか?
でも竹細工って面白そうですねー。ま、自分が作れるとしたら竹篭とかザルくらいでしょうな。

いっそそのまま山奥に篭って竹職人の道を目指したら?まずは宝くじ当ててからですかね(^o^)

えふ :

うーん、すごい世界に行っちゃってますな。
これを作れるようになったら、副業が成り立つのでは・・

バイクの田中です! :

ほー、次はカサですか?
いよいよ、クラフトが本業化してきましたね。
そのうち、お部屋が竹でいっぱいになったりして・・・(^^♪

takax2 :

すぐに図面化しちゃうところが凄いですね~
でも晴れ男のbanbanさんには傘が似合わない?(^^ゞ

banban :

okirakuさん!
そう…企んでました~(^o^)
この和傘…いろいろ検索してますが、まだ趣味としてクラフトに取り組んでいる人は非常に少ないようです(ほとんどヒットせず…)
ということで、BambooRODより遥かにレアな素人職人になれそうですよ~(^o^)
まあ、まず宝くじですが!

えふさん!
まだ凄い世界を覗き見ているだけですよ~
ちゃんと作れたら、結構面白いんですけど…まあ、サラリーマンですからボチボチと取り組んでいきます(挫折しないように)

バイク田中さん!
竹でいっぱいになるならまだましです…
嫁には、傘でいっぱいになったら目も当てられんと言われそうです(^o^)
いっぱいできるようになったら、皆さんに引き取っていただきますよ~
もちろん、ウン万円でね(^o^)ノ

takax2さん!
おー鋭いところに気がつきましたね!
確かに…晴れ男には必要がないかも~
なので、雨男の皆さんに高~く売りつけますです(^o^)

cadcis : なんとまあ

えらい方向へ行ってますなぁ(笑)
確かに内側の中心付近は複雑すぎますが幾何学的な美しさですね。

それにしてもえらくウチの近くまで来てはったんですね。あぶりもちとか・・・(笑)

banban :

caddisさん!(ですよね?c a d c i s)ってなってますが…
お久しぶりです~
え~あのお近くだったのですか(^o^)
僕も嫁も京都で学生してました&僕も嫁も両親が京都出なので、親戚なども京都にいっぱいおりまして…かなりレアなところを知っております(^o^)
和傘は…確かにえらい方向でしょ~でも僕的には結構近いところにあるのです~クラフトとしてですが…まあ気晴らしで終わっちゃうかもしれませんが…でもでも頑張って1本は作るぞ~って思ってます(^o^)ノ
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。